se育成を行うエンジニアの気になる年収

se育成を行っているエンジニアの年収は、約五百万円ほどになっている。他のエンジニアよりも高い年収になっており、たくさんのお金を得られるのだ。その分se育成は、とても重要な役割を持っており、一人でも多くの人材を育てないといけない。優秀な人材を育てないとIT企業を支える中枢を育てられない為、現状はよくても将来は安定した業績を出せなくなってしまうのだ。重要な役割になっている為、se育成は一般的に役職もしくは管理職のエンジニアが行う事が多い。現状の仕事を実施しながら、優秀な人材を育てないといけない為、ハードな仕事内容になっている。

しかし優秀な人材を育てられれば、会社を支える貴重な人材を一人でも増やせる。難しい案件やプロジェクトでも最高の力を発揮して、企業と一生に成長していくので、企業の規模をどんどん大きくできる。育てる方針はあくまでIT企業によって異なっている。一般的に多い傾向は、社会人マナーに関する研修を行う事が多い。名刺の渡し方、メールでのマナーなどを学べば、他のエンジニアと接する機会があっても悪い印象を与えないで済む。次にC言語やJavaなどの開発言語の習得を目指します。いきなり高度な勉強を行うのではなく、段階的に現場で使用できるスキルを習得していくのが基本だ。

またIT企業によっては、SQLやLinuxなどのデータベースやサーバーに関するスキルの習得も行っていく。段階的に育てていかないといけないので、育てるのは大変難しく、時間がかかってしまうのが難点だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です