メリットが多いシステムエンジニアの仕事

圧倒的に仕事量が多いのが、seのメリットである。世界中でseに対する需要が伸び続けているために、どれだけハイペースで仕事をし続けても案件が尽きてしまうことがないのだ。将来性も高いので、先のことを不安に思う必要もない。その時々でできる仕事を迷いなく全力でやればいいだけなので非常にシンプルである。また、後進を育てる必要もあるために、実績を積めば部下の育成を任されることも多い。いわゆる管理職的なポストも用意されているために、年齢を重ねてからも現場に出続ける必要性は薄い。その気になれば自分では作業をしなくてもよくなるのが魅力的だ。一般的にseとして活躍できるのは若いうちだけだと言われているが、後輩の育成を任されればそのケースからは除外される。IT業界では珍しく、きちんと定年まで仕事を続けていける場合が多いのだ。

他にも、給料面で割がいいのもメリットだろう。初歩的な作業ができるだけでも年収三百万円以上もらえる可能性が高い。他の人にはできない作業ができるなら、年収は一千万円近くになる。さらに言えば、IT業界の中でも花形の職業であって、社会的なステータスも高い。IT業界で働いているというだけでも女性には受けがいいのに、最前線で活躍しているとなれば、婚活パーティー等でも大きな注目を集めることができるかもしれない。社会的な必要性が高い点も見逃せないポイントである。世の中には何のためにやっているか分からない仕事も多いが、システムエンジニアの存在価値を疑う人はいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です