経験が何よりも大切なse育成

se育成で重要な役割を持っているのが経験である。優秀な人材ほどこれまでにたくさんの案件に携わっていて、ITに関する仕事に携わっている。seはシステム開発や構築を実施するだけではない。テスト作業を実施したり、時にはマニュアルや手順書作成など色々と実施しなくてはいけないのだ。開発能力に長けていても他の部分では著しく劣っており、戦力として活躍するのが難しくなる事も少なくないのである。多くの能力を求められるので少しずつ経験を積んでいけば、最適な行動を行えるようになり、効率よく仕事を行えるように変わっていくのだ。

そんなseの仕事だが多くの人がギャップを感じる部分として、会話力の部分がある。多くの人が黙々と仕事を行ったり、地道に仕事をしていくイメージがとても強い職業だ。しかし実際には、会話力はとても重要な能力になっていて、案件によっては一番求められる能力だ。特に管理職としてITの仕事を行う人材は、多くのエンジニアと話をして、進捗状況などを確認しなくてはいけない。基本的にITの仕事は一人で行うのではなく、多くのエンジニアと協力しながらITの仕事を実施していく。会話力がないと他のエンジニアと協力しながら仕事を行えない為、スムーズな話し合いなどを行えない。黙々と仕事をするのではなく、多くのエンジニアと協力しながらバグやエラーが発生しないITの仕事を行わないといけない職業なのだ。この部分がもっともギャップを感じやすく、多くの人が驚きやすい部分なのだ。いかに会話力が必要となってくるかということを、今後若手エンジニアにも伝えていく必要がある。
現代の若手エンジニアをいかに優秀な人材として育てるかという問題について、この《SE育成委員会》というサイトに網羅されていたので覗いてみるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です